ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  deus ex machina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

deus ex machina

先日取り上げたボブ・ウッドワードによるノンフィクション "The Secret Man" に関連して、ウォーターゲート事件の情報提供者から連想した単語をもうひとつあげることにする。ウッドワード記者が取材に行き詰ると現れてたちどころに疑問を解いてくれる―Deep Throat にはそんなイメージがある。そこで頭に浮かぶ単語が deus ex machina である。

昔のギリシャやローマの劇で、からくり仕掛けで舞台に降臨して難題を解決する神様のことだそうだが、転じて、

- an unexpected, artificial, or improbable character, device, or event introduced suddenly in a work of fiction or drama to resolve a situation or untangle a plot

- unconvincing character who resolves plot: an improbable character or unconvincing event used to resolve a plot

- a person or event that provides a sudden and unexpected solution to a difficulty

つまり、こじれた物語や事態を、急転直下、無理やりうまい具合に収めてしまう不自然な人物や展開を指す。

例えば、こんな風に使われている。

- Worst of all, the movie has a deus ex machina ending.

- Rather than take the easy way out and provide a deus ex machina solution to the crisis, the writers force Archer (=ドラマの主人公) to make a decision that is sure to upset many viewers.

エンタメ系の小説やドラマ、映画には、どうしてもこうした要素が入りがちで、それを極力不自然にみせないようにするのが作者や制作陣の腕の見せどころだろうが、一方で、そうしたことにはあまりこだわらないご都合主義もあるだろう。

さて、辞書で語源の説明を見ると、

- 1697, from Mod.L. translation of Gk. theos ek mekhanes, lit. "the god from the machine," the device by which "gods" were suspended over the stage in Gk. theater

- < modern Latin, "god from the machinery" (used in Greek theater to lower actors onto the stage)

ということは、ラテン語とはいえ、ローマ帝国時代ではなく、ずっと今に近い時代に作られた語で、ちょっと意外だった。それだけラテン語の力は強かったというべきなのだろう。

コナン・ドイルのシャーロック・ホームズものには、登場人物がラテン語の文章を引用する場面が出てくることがあるが、原文には英語での説明はなく、脚注や翻訳を見ないと意味がわからない。

こうした大衆文学でもまとまったラテン語が出てくるということは、ヨーロッパでは、少なくとも以前は、ラテン語がしっかり教えられていたということなのだろう。日本でも、かつては古典文学や漢文がもっとしっかりと教えられ、原文を諳んじている人がずっと多かったと思うが、それと似ているのかもしれない。

関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。