ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  単語・表現  »  fat 「余分なもの」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fat 「余分なもの」

日本語でも比喩的に「ぜい肉」というが、英語でも同じ発想をするらしい。

幼少期をアメリカで過ごしたパキスタンの作家 Mohsin Hamid の小説 The Reluctant Fundamentalist に、fat を使った次のような文があった。

Our mandate was to determine how much fat could be cut. Call centers, it was evident, could be outsourced; truck rolls could be reduced;

fat には、この「余分なもの」というマイナスイメージの意味のほか、「最も良い部分」「(劇で)見せ場の多い役、もうけ役」「うまみの多い仕事、割のいい仕事」という、プラスイメージの意味も辞書に載っている。

関連記事
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。