ホーム   »  2010年09月
Archive | 2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「火星年代記」(新版)

レイ・ブラッドベリ Ray Bradbury の詩情豊かな連作短編集「火星年代記」 を初めて読んだのは高校生の時だった。それ以来、翻訳と原書 The Martian Chronicles は何回か読んでいて、私にとって特別な作品である。書店でSFの文庫本の棚を眺めていたら、その「火星年代記」の翻訳が新しい装丁で出ているのに気づいた。
火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: レイ ブラッドベリ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2010/07/10
  • メディア: 新書
出版元の早川書房は、時おり往年の名作SFを装丁を変えて再版するので、今回もその一環かと思った。ところが手に取ってみたら、今回は「新版」と銘打たれており、かつて読んだ版とは異なる点があることに気づいた。
続きを読む
スポンサーサイト

keep one's powder dry

前回、酒のアルコール度数を示す proof が、火薬に酒を垂らして火をつけ、アルコール分が適切かを prove するテストに由来することに触れた。直接の関係はないが、ここから連想したイディオムが keep one's powder dry である。
続きを読む

underproof, overproof

酒にからむ英語表現の話を続ける。アルコール飲料の強度を表すのに proof という単語が使われるが、以前、何かの英語対訳だったか、日本語の方を眺めていたとき、「本物にまぜものをして薄くしたウイスキー」といった内容があった。 どのような英語だったのかは覚えおらず、その文をメモをしておけばよかったと悔やむが、その中に underproof という単語があったことが印象的で、今も覚えている。酒の度数を proof という単語で表すことは知っていたが、なるほどこういう言い方があるのか、と思ったのだ。
続きを読む

lowdown (ロウダウン)

ボズ・スキャッグス Boz Scaggs の「シルク・ディグリーズ」 Silk Degrees に含まれている名曲 "We Are All Alone" について前回書いたが、実はこのアルバムで私が一番気に入っている曲は「ロウダウン」 "Lowdown" である。lowdown という単語を知るきっかけになった作品でもある。
続きを読む

ボズ・スキャッグスとアンジェラ・アキの We're All Alone

前回は one for the road という表現にからんでボズ・スキャッグス Boz Scaggs の「シルク・ディグリーズ」 Silk Degrees に触れた。もう30年も前にリリースされたアルバムだが、すばらしいジャケットとあわせて、まさに永遠の名盤というのにふさわしい。収録曲はどれも名曲だが、特に "We're All Alone" は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないかと思う。
シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)

シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/04/04
  • メディア: CD
この We're All Alone は、「恋人とふたりきり」と歌う美しいラブソングだが、かつて「みんなひとりぼっち」と哲学的?に訳され、誤訳ではないかと取り沙汰されたことをいまだに覚えている。その点で、英語学習の面でも印象深い作品だ。
続きを読む

one for the road

これまでも書いたように、音楽がきっかけでいくつもの英語表現を覚えてきたが、酒に関係あるこの one for the road もそのひとつだ。Boz Scaggs の超名作アルバム Silk Degrees の中の Lido Shuffle という曲の歌詞に出てくる。 英和辞典には「別れ際に飲む最後の一杯」とある。Lido Shuffle はギャンブラーを歌ったもので、歌詞の one for the road は酒というより、立ち去る前の最後の賭けを指しているようにも受け取れる。
続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。