ホーム   »  2009年09月
Archive | 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

scheme と「スキーム」

鳩山さんの訪米を報じる記事を読んでいたら、新首相が日本航空の再建問題について「前政権のスキームでなく、新しいスキームを考えたい」と述べた、とあった。 この「スキーム」、個人的にはどうも好きになれない言葉だ。しばしば目にするし、見出し語として収録している国語辞典もあるが、一般の人が日常生活でどれくらい使うものだろうか。 ということで、自分から使うつもりは全くないカタカナ語だが、その一方で、この言葉によって自分の英語力の穴に気づいたことがあるのを思い出した。
続きを読む
スポンサーサイト

「過半数」と majority

以前ほど英文ニュースを読まなくなってしまったが、日本の総選挙を報じるいくつかの記事に目を通してみた。今回の結果についてはさておき、英語を眺めていて「なるほど」と再確認したのは majority に不定冠詞がつくことだった。
続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。