ホーム   »  2009年01月
Archive | 2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オバマ演説」の本や記事をめぐる雑感

「オバマ就任演説はなぜつまらなかったのか」という見出しが週刊誌の最新号に掲げられていた。私も「派手さに欠ける演説と感じた」と先日書いたが、同じような印象を持った人が結構多かったということだろうか。

そこで、その「週刊朝日」を手にしてページを開くと、記事本編のタイトルはまったく違って「オバマ大統領に学ぶ心をつかむトーク術」というタイトルになっている。うーむ、やはり(?)週刊誌、わざと否定的な見出しを書いて目を引く手法だろうか。

続きを読む
スポンサーサイト

オバマ宣誓と分離不定詞と「スター・トレック」

宣誓ミスの話を続ける。最高裁長官が faithfully の場所を間違えたことで思い出したのは、ネイティブの間でも話題になる、to 不定詞と副詞の位置についての問題である。

少し文法の話になるが、不定詞では to と動詞はつながっていなくてはいけない、その間に副詞を入れてはいけない、というのが規範だそうだ。

しかし実際には、to と動詞の間に副詞がはさまっている例が見られる。これは「分離不定詞」とか「分割不定詞」 split infinitive と呼ばれている。

合衆国憲法が定める大統領の宣誓では、"...that I will faithfully execute..." となっている。ここでは to は使われていないので、分離不定詞とはいえないのだろう。だとすれば誤っているわけでもあるまい(何せ合衆国憲法である)。しかし、この語順は何となく分離不定詞を連想させると思うが、どうだろうか。

そこで、宣誓の時に最高裁長官の頭を分離不定詞のことがよぎったということはなかっただろうか、と考えた。言葉にうるさくなくてはならない立場の人である。意識的あるいは無意識的に、動詞の前に副詞を置くのを嫌う心理が働き、思わぬミスにつながった、ということがなかっただろうか。確かめる術はないし、また本人も今回の件について口を開くことはないだろうけど。
続きを読む

オバマ宣誓のミスと swear、および名言の謎

前回紹介したオバマ宣誓の「とちり」をめぐるCNNのリポートには、swear のもうひとつの意味にひっかけて面白さを出しているところがある。swearwords という単語を使っているのがそれで、動画の見出しにも A swearing-in worth swearing at. とあるように、「ののしり言葉(を使う)」という方の意味である。

もう一度、CNNのリポートを見てみよう。

続きを読む

オバマ宣誓の「とちり」

前回に続いて、オバマ新大統領の就任式について。今回の宣誓では、連邦最高裁長官が決められた文言の語順を誤り、それを復唱するオバマも言葉に詰まるひと幕があった。

私も中継を見ていたが、宣誓の最初のところでオバマがやや勇み足気味となり、John Roberts 長官と息が合わなかった。さすがのオバマも緊張していたのだろうか。

これに影響されたのかどうかはわからないが、続けて最高裁長官が、"...that I will faithfully execute the office of President of the United States" と言うべきところを "...that I will execute the office of the President to the United States faithfully" と誤って述べ、オバマ氏もどう応じるべきか戸惑ったのだろう、すぐには言葉が続かなかった。

CNN では、軽いタッチのリポートを得意としている Jeanne Moos 記者が、さっそくこの「とちり」を取り上げていた。

続きを読む

派手さはなかったオバマ就任演説

演説は抑え気味、やや盛り上がりに欠けたというのが、オバマ新大統領の就任式を見た直後の正直な感想だった。実際に熱狂渦巻く会場にいたら違った印象を持ったのだろうが、テレビで演説だけを見た限りでは、新大統領が直面する現実、課題の大きさをあらためて思い起こさせるものに感じられた。

続きを読む

そんなバカな! (Pigs could fly.)

CD店をぶらぶらしていたら、「ブタが飛べた」という邦題の帯がついた輸入盤が目にとまった。瞬間的に、原題は Pigs could fly. というイディオムに違いない、と思った。ジャケットを見たら、羽根の生えたブタが飛んでいる絵とともに、まさしくこの英語が書かれていた。

「ブタが飛べた」20世紀の児童合唱集

「ブタが飛べた」20世紀の児童合唱集

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Naxos
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: CD

続きを読む

「2008年英単語大賞」は bailout

"Word of the Year" の発表は毎年この時期の楽しみである。The American Dialect Society が前年を象徴する言葉を選ぶものだが、今回は金融危機を反映して bailout が最も票を集めた。確かにこの単語は去年後半いやというほど目にしたので、選ばれたのは順当というべきか、残念というべきか。
続きを読む

英語よりも日本語?(「英語の授業は英語で」その5)

英語教育の充実が唱えられると、一方で「むしろ日本語をしっかりやるべきだ」という意見が必ずといっていいほど出るように思う。今回「高校の授業は英語で」という方針が示された時も、やはりこうした声をあちこちで見聞きした。

私には、日本語と英語を二律背反のものとしてとらえる見方がどうも不思議なものに感じられる。前回書いた、高校時代の英語教師からの影響があるのかもしれない。

「英語よりも日本語をしっかりやれ」という背景には、日本人の国語力が貧弱になっているという認識があると思う。「日本語の乱れ」の例として、よくカタカナ語の増加があげられるが、それは英語をはじめとする外国語の影響だとして英語が槍玉にあがるのだろう。

英語を学んだから日本語がダメになった、というほど母国語はヤワではないと個人的には思っているが、日本語力が衰えているのだとしたら、まずは国語教育に問題がないのかを精査し、さらにどのような社会的背景があるのかを探り、対策を考えるべきだろう。それをせずに、すぐに英語や英語教育と結びつけるのはお門違いというべきではないのか。

続きを読む

英語の先生の思い出(「英語の授業は英語で」その4)

「高校では英語の授業を英語で行う」という新学習指導要領について続ける。ある教科への興味が増すかどうかは、習った先生に影響を受けることがあると思うが、その点で、私は高校の時に教わったある英語の先生にいまでも感謝している。

先生は普段から大量の英文を読んでいて、職員室の机には英語の本が積み上げられていた。そして、英語や内容の面で役に立つと考えた文章を書き抜いてプリントを作り、生徒に配っていた。難しかったが、どれも教科書以上に面白いものばかりだった。

授業では、英文を頭から順に読み下し、まとまったかたまりに区切りながら構造や意味を説明していった。それまで英語の時間といえば、文の中を行きつ戻りつして解釈し和訳する授業ばかりだったので、私には面白かった。ずっと後に「サイト・トランスレーション」と呼ばれる手法を知ったが、あの先生の教え方と共通点があると感じたものだ。

続きを読む

「英語の授業は英語で」(その3)

学校英語でもっと「聞く・話す」に力を入れなくてはならないと主張しつつも、英語で授業を行うことに反対している人がいると前回書いたが、その理由は端的にいって「ネイティブの英語ではない」ということにあるようだ。日本人の英語を聞かせたところで、どれくらいの意味があるのか、むしろ害の方が大きいのではないのか、というわけである。

私の経験は限られたものだが、英語を実際に使ってコミュニケーションを図る際には、「慣れ」が大切だと感じてきた。そこで、英語での授業もそうした場として考えればいいのではないかと思う。

日本人による英語の授業は不自然だという見方もあるだろう。だが外国語を使えるようになるためには(同義反復のようだが)実際に何らかの形で使ってみなければならないはずだ。だとすれば、日常生活で英語を必要としない日本にいてそうした企てをすること自体、ある種の無理は避けられないことになる。ならば、不自然だからダメだと否定するのではなく、少しでも意味を見出そうとした方が生産的ではないだろうか。

続きを読む

「英語の授業は英語で」(その2)

「高校では英語の授業を英語で進める」という新しい学習指導要領案について、私は前回書いたように、とりあえずやってみる価値はあると思っている。逆にいうと、手放しで賛成しているとか、うまくいくだろうと過度の期待をしているわけではない。歯切れは悪いが、条件つきであるにせよ、ともかく試してみてはどうか、という考えである。

またこれも前回書いたように、指導要領案は実際のところ、非常に高度なレベルの英語を使って授業をすることは必ずしも求めておらず、日本語を排除するものでもない、と私なりに解釈していて、これを前提にして考えていることをお断りしておく。

今回の改訂はもちろん生徒の学力向上をめざすものだが、そもそも教師に力がなくては生徒の力もつかないだろう。その意味でまず、生徒の規範となるべく教師が自分の英語力を保持し、さらに向上させるよう、自覚と努力を促すきっかけになると思う。

それは英語で授業をすることと関係ないのでは、という声もあるだろう。「学校で習う英語は役に立たない」という声がある一方で、「聞く・話す」に力を入れる傾向について「授業は英会話の時間ではない」といった反対意見もよく聞く。今回の改訂で、そうした批判がさらに高まりそうだ。

しかし、言葉を教えること、しかも教壇に立って生徒に語りかけることを仕事としている以上、自分が専門とする英語を使ってある程度の自己表現もできない英語教師というのは、はっきり言って情けないと思う。それは英会話が得意かどうかとか、口下手か否かとは切り離して考えるべきではないか。英文和訳や英文法の説明ができればいい、と自分に枠を設けて事足れりとしているのだったら困る。「今の教師のレベルでは無理だ」という見方が出ていることや、現場の教師から「自信がない」という不安の声があがっているという記事も読んだが、悲しくなる。
続きを読む

「英語の授業は英語で」

少し前に報じられたことだが、高校の新しい学習指導要領案で「英語の授業は英語で行う」という方針が打ち出された。私の周囲でも先日ちょっと話題になったので、これについて自分なりに考えてみたい。

印象論で思いつくままに話を進めるのは簡単だが、それは慎むべきで、やはり内容を把握しなければならないと考え、まず文部科学省のサイトで新学習指導要領案を確かめてみた。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/news/081223/002.pdf

続きを読む

【本】 「ゆらこめ」

クラシック音楽のCD評を綴った「ゆらむぼの部屋」というサイトがあった。ある日久しぶりに訪れたら、そこに書かれていたのは「ゆらむぼ」さんが急逝したという家族の方の文だった。 気に入っているサイトの更新が途絶えただけでも、書いている人に何かあったのだろうかとちょっと心配になるが、筆者が亡くなるとは衝撃というより他にない。我が目を疑った。 あれからおよそ1年、「ゆらむぼ」さんがネット上に綴ってきた文章が本にまとめられたことを知り、注文していた上下2巻がこの週末届いた。懐かしさとともにページを繰った。
続きを読む

【DVD】 アバドの「ブランデンブルク協奏曲」

concerto を辞書で引くと、harmonize を意味するイタリア語に由来するとある。ソロ奏者が中心的存在となりがちな協奏曲だが、年末年始の休みに見た「ブランデンブルク協奏曲」の新しいDVDは、もともとの意味を思い起こさせてくれるような内容だった。
Brandenburg Concertos 1-6 (Ws Ac3) [DVD] [Import]

Brandenburg Concertos 1-6 (Ws Ac3) [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Medici Arts
  • メディア: DVD
続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。