ホーム   »  2008年12月
Archive | 2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「靴投げ」と bookend

前回同様、TIME 誌の最新号から取り上げる。先日イラクを訪問したブッシュ大統領が、地元記者から靴を投げつけられたという騒動を取り上げた記事に、次のようなくだりがあった。
When the next history of Iraq is written, the chapter on the stormy years following the U.S. invasion will be bookended by two iconic images: one of elated Iraqis in Firdos Square in 2003 raining their loafers and boots on a fallen statue of Saddam Hussein, and the other of President George W. Bush ducking flying footwear at a 2008 Baghdad press conference during the last official visit of his term. (http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1867114,00.html)
この bookend という単語、文脈から意味の想像はつくが、こんな風にも使われるのだな、と思う。次のような定義が辞書で見つかったが、名詞の「ブックエンド」くらいしかあげていない英英、英和もいくつかあった。動詞として使われるようになったのはそう昔のことではないのだろうか。
続きを読む
スポンサーサイト

put into writing, put into words

TimeObama.jpg「タイム」誌の "Person of the Year" はオバマ氏だった。アメリカで大統領選挙がある年は、そうでなくても勝者が選ばれる傾向にあるが、とりわけ今回は「やはり」という感じである。 私もネットで読むのではなく冊子を一部買ってきたが、長い特集でもあり、まだちゃんと読んではいない。ということで、"Person of the Year" 以外で目についたことについて書く。
続きを読む

giddyup (続・そりすべり)

前回取り上げたルロイ・アンダーソンの「そりすべり」は、のちに歌詞がつけられてクリスマスソングの定番となったが、英語の音の面で印象的なのは、"giddyup" と繰り返される部分だ。
続きを読む

ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」

街を歩いていたら、この時期の定番の曲「そりすべり」 Sleigh Ride が聞こえてきた。今年もいよいよクリスマスなのだな、と思う。作曲した Leroy Anderson の名は誰もが知っているとはいえないだろうが、誰でも知っているであろう、親しみやすい数々の作品を生み出した。 アメリカ人の作曲家といえば、少し前に取り上げた "Let's Call the Whole Thing Off" を書いたジョージ・ガーシュウィン George Gershwin が代表的な存在かもしれない。しかし普通の日本人にもよく知られている曲を書いたという点では、もしかしたらルロイ・アンダーソンの方が上かもしれない。
続きを読む

straight and narrow と「狭き門」

前回取り上げた straight arrow と似た響きを持つ表現に straight and narrow があるので、短く触れておきたい。意味もちょっと似たところがある。
- socially approved way to live: the orthodox and law-abiding way to live life (informal)
- The way of proper conduct and moral integrity. Often used with the: kept strictly to the straight and narrow.
- on the straight and narrow
(idiomatic) honest; proceeding according to rules and plans
The project would seriously go down the pan if Mrs. Foster weren't here to keep it on the straight and narrow.
意味から見て straight が使われているのはなるほど当然だと思う。しかし、それは実は早合点かもしれないようだ。由来を見ると、もともとは strait (= narrow) だという見方があり、その表現が出てくるのは新約聖書のマタイ伝、かの「狭き門」のくだりなのだそうだ。
Etymology: probably alteration of strait and narrow; from the admonition of Matthew 7:14 (Authorized Version), “strait is the gate and narrow is the way which leadeth unto life”
有名な「狭き門より入れ」の部分を、日本語の文語訳とともに引用してみよう。
- 13 Enter ye in at the strait gate: for wide is the gate, and broad is the way, that leadeth to destruction, and many there be which go in thereat: 14 Because strait is the gate, and narrow is the way, which leadeth unto life, and few there be that find it.

- 狭き門より入れ、滅(ほろび)にいたる門は大きく、その路(みち)は広く、之(これ)より入る者おほし。生命(いのち)にいたる門は狭く、その路は細く、之を見出す者すくなし。
この部分、現代英語では次の版のように strait の代わりに narrow が使われている。わかりやすいものの、straight and narrow と関連があるかもしれない、ということは伝わらなくなる。
13 Enter through the narrow gate. For wide is the gate and broad is the road that leads to destruction, and many enter through it. 14 But small is the gate and narrow the road that leads to life, and only a few find it.
strait といえば、「海峡」を思い浮かべる人も多いと思うが、これは「狭い(場所)」ということから来ているのであろう。

straight arrow

ウォーターゲート事件の内部告発者「ディープ・スロート」が亡くなったことを前回取り上げたが、「ワシントン・ポスト」紙の追悼記事にあった straight arrow という表現について短く書いておきたい。
- Few could imagine such a straight-arrow career employee, known for enforcing the FBI's strict rules of behavior and demeanor, playing such a dangerous game.
(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/19/AR2008121900228_pf.html)
使われている単語と文脈とから、何となく「一途な」「一本気な」といった日本語を思い浮かべるが、あながち外れではないようだ。
続きを読む

「ディープ・スロート」の死

Deep Throat が亡くなった。ウォーターゲート事件でニクソン大統領が辞任するきっかけをつくった内部告発者である。ケネディ大統領暗殺の真相などと並ぶ、アメリカ現代史の謎のひとつだっただけに、数年前に正体が明らかになった時は驚いた。これについては、以前ここで何回か書いたこともある。 1972年、ワシントンで起きたある不法侵入事件に不審な点があるのに気づき、「ワシントン・ポスト」紙の記者たち取材を始める。そして、彼らが「ディープ・スロート」と名づけた政府関係者の情報提供によって、事件は単なる窃盗目的ではなく、ニクソンが関わる政治謀略であることが暴かれていく。 のちに「ポスト」の2人の記者が書いたノンフィクション「大統領の陰謀」 All the President's Men は、ロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンの主演で映画化され、私も当時わくわくしながら見たものだった。
続きを読む

brown-water navy

CNNをつけっぱなしにしたまま部屋でくつろいでいたら、"brown-water navy" という言葉が耳に飛び込んできた。blue water, blue-water は知っているが、brown を使うものもあるのか、と思わず身を起して画面を見た。
続きを読む

閣僚の「身体検査」の英訳

再び、少し前に読んだオバマ氏についての英文から。副大統領候補の選考を描いた Newsweek 誌の記事である。この部分を読んで頭に浮かんだのは「身体検査」という日本語だ。もちろん文字通りの意味ではなく、日本の首相が閣僚候補者に対し、不祥事の火種がないかを確かめる事前の身辺調査のことである。 少し長くなるが引用しよう。
続きを読む

Admirable Crichton や admiralのことなど

前回は作家のマイクル・クライトンについて書いたが、何の気なしにこの姓を辞書で引いたら James Crichton という16世紀のスコットランド人について載っていた。versatile な人物で、"the Admirable Crichton" と呼ばれていたという。「リーダーズ英和辞典」によれば、Admirable Crichton は「多芸多才の人」を指すそうだ。 この比喩的な使い方についてオンラインの英語辞典を調べたが、私が見た範囲では載せているものはなく、実例もネットでちょっと検索した限りでは見あたらなかった。もっと腰を据えて探せば見つかるかもしれない。 ひとつ知ったのは、「ピーター・パン」の作者 James Barrie が "The Admirable Crichton" という喜劇を書いていることだ。1957年には映画化もされている。James Crichton についての劇ではないが、この姓を持つ登場人物が出てくるそうで、16世紀の人物のあだ名にちなんだ題名なのだろう。
続きを読む

マイクル・クライトンを悼む

少し前になるが、「ジュラシック・パーク」の原作者で、TVドラマ「ER」の制作にも関わっていた作家マイクル・クライトンが亡くなった。まだ66歳、現役で新作の発表を続けていただけに驚いた。オフィシャルサイトにも "Best-selling author Michael Crichton died unexpectedly" とある。 http://www.michaelcrichton.net/ 私が最初に彼の作品を読んだのは中学生の時、「アンドロメダ病原体」が最初だった。いま風にいえば「バイオハザード」ものの先駆的な小説とでもいえばいいだろうか。
続きを読む

「奥さまは魔女」と canned laughter

"Bewitched" は、先日取りあげたスタンダード・ナンバーのほか、アメリカのTVドラマ「奥さまは魔女」の原題でもある。「アイ・ラブ・ルーシー」と並ぶシットコムの古典で、私と同世代以上だったら、実際に見たことがあるか、少なくともタイトルは知っているという人が多いのではないだろうか。 私自身は、子供の時に見た記憶はもうぼんやりとしているが、それでも印象的だったのは、まるで劇場にいるかのように、時に観客の笑い声がいっしょに流されることだった。日本のドラマでは、少なくとも当時はそうした手法は稀だったはずで、子供心に驚いたのを覚えている。 こうした笑い声を指すのに canned laughter という言葉があるようだ。to can は to record の意味であろう。
続きを読む

bowdlerize (続・Bewitched)

前回取り上げたスタンダード・ナンバー "Bewitched" について、Wikipedia に面白いことが書かれていた。私がCD等で聴いたり読んだりしてきた歌詞は、多くの場合、オリジナルとは違う版なのだそうだ。音楽作品では歌詞の変更はときにあることだが、この歌については、ちょっときわどい内容なのが改変の理由だという。
続きを読む

【CD】 bewitched, bothered, and bewildered

オバマ氏に関連して、前回 signed, sealed, and delivered というイディオムとスティーヴィー・ワンダーの曲について書いたが、まったくの連想で、"bewitched, bothered, and bewildered" という歌詞が出てくるスタンダード・ナンバー Bewitched について少し書きたい。 ロマンチックなメロディに相手への思いを(やや大げさなくらいに)歌い上げた歌詞、名曲だと思う。何人かの歌手のCDを持っているが、素直な声や歌い方、あるいは、メロディラインをちょっと崩して個性を効かせた歌唱、どれも聞き入ってしまう。どんなタイプの歌手や編曲にも合うような作品ということだろうか。オリジナルは "Pal Joey" というミュージカルにあるナンバーで、女性登場人物の歌のようだ。しかしスタンダードの名曲とあって男性歌手も取り上げている。
続きを読む

signed, sealed, and delivered

オバマ氏のからみで続ける。The Economist 誌に "Signed, sealed, delivered" という題名の記事があった。これはイディオムだが、何となく引っかかるので調べたら、スティーヴィー・ワンダーに同名の曲があり、オバマ氏の選挙運動で使われていた。知っている人にはピンと来る仕掛け、ということであろう。 http://www.economist.com/world/unitedstates/displaystory.cfm?story_id=12566893 まずはイディオムの signed, sealed, and delivered について、辞書の定義を見てみよう。
続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。