ホーム   »  英語学習
Category | 英語学習

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速読と精読をつなぐ、中間的なリーディング学習法

英語の多読に興味があるが、いきなりまるまる1冊に挑戦するのはしんどい、という人もいるだろう。そこで、かつて私が行なっていた、英文に慣れるための学習法を紹介したい。

続きを読む
スポンサーサイト

効果を実感できた学習法-ディクテーションとシャドウイング

英語を学んでいて、力がついてきたことを実感できることほど励みになるものはない。その意味でもっとも効果のあった学習法は、私の場合、ディクテーションだった。

リスニングの力を高める訓練になるのはもちろんだが、書き取ってトランスクリプトを読み、比べ、訂正しながら元の英語を書き写していくことで、リーディング、文法や語法、スペリングの確認、ライティングの鍛錬にもなる。

さらに、その音声を使ってシャドウイングをすれば、リスニングのほかスピーキングの基礎練習にもなる(発音そのものについては、何らかの形で別に学んでおく必要があるが)。

続きを読む

英語を音楽のように楽しむ

When We Were Orphans CDWhen We Were Orphans CD
(2005/03/29)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る


When We Were Orphans は、以前取りあげたことがある作家カズオ・イシグロが2000年に発表した小説である。そのオーディオブック版を手に入れたが、音としての英語の魅力を存分に味わうことができた。音声教材としても使えるのではないかと思う。

続きを読む

和製英語は役に立つ

和製英語は英語学習の敵である―たぶん、そう考えるのが一般的だろう。しかし、これだけ巷にカタカナ語があふれるようになってしまった昨今、どうせなら少しでも前向きにとらえたほうがいいのではないかと前から思ってきた。心ある学習者なら、ただ嘆くだけでなく、正しい英語は何なのかを確かめるはず、という考えもある。

続きを読む

BSディベート・小学校の英語教育

昨晩、NHKのBS番組「どうする小学校の英語教育」が放送された。録画したつもりだったが、設定を間違い失敗してしまった。気を取り直して番組のサイトを見ると、4人の出演者の主張の趣旨と、一般から寄せられた意見や討論が掲載されていて、なかなか読みごたえがあった。

私も幼い子供がいるため、英語の早期教育に徐々に興味を持つようになってきている。といっても今のところ何もしていないのだが、今回の番組のサイトで触れた内容なども含めて、感じていることを少し書いてみたい。

続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。