ホーム   »  未分類
Category | 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

こちらでの更新は停止しました。
http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています。
上記へお越しいただければ幸いです。
スポンサーサイト

「赤毛組合」にみる cordial

シャーロック・ホームズ譚の短編「赤毛組合」 "The Red-Headed League" について短い続きを書く。前回取り上げたホームズの言葉をもう一度書いてみよう。 - "You could not possibly have come at a better time, my dear Watson,” he said cordially. 今回書きたいのは、文末の単語 cordially である。この単語は、ホームズ譚の第1作「緋色の研究」 "A Study in Scarlet" で、ホームズとワトソンが最初に出会う(ファンにとっては名高い)場面でも使われている。
続きを読む

「赤毛組合」にみる否定形の使われ方

「シャーロック・ホームズの冒険」に収められている "The Red-Headed League" は、ホームズ譚のうちでも特に有名な作品のひとつだ。先日取り上げた別の人気作「まだらの紐」 "The Speckled Band" 同様、厳密にみると突っ込みどころがかなりあるが、ストーリーの展開やホームズとワトソンの会話の味わいなどの点で、この「赤毛組合」の方が私のお気に入りである。
続きを読む

「祈る」ではない pray

シャーロック・ホームズ物語で覚えた英単語について短く書く。pray は基礎的な単語のひとつだが、ホームズ譚の原文を読んでいると、「祈る」と取ったのでは意味が通らない文にしばしば出会う。 以下のように使われているが、どれも事件を持ち込んだ依頼人に対してホームズがかけた言葉である。
続きを読む

「まだらの紐」という困った邦題について

再びシャーロック・ホームズ物語について少し書くことにする。先日、「グロリア・スコット号」という作品の中に、謎解きが英語と密接に結びついているため翻訳するのが難しい暗号が出てくることに触れたが、翻訳の難しさを示す別のホームズ物語として頭に浮かぶのが、第1短編集「シャーロック・ホームズの冒険」に収録されている「まだらの紐」 The Speckled Band である。
続きを読む

「三陸海岸大津波」(吉村昭)

何か大きな出来事があった場合、以前なら、なるべく関連の英文記事を読むなどしてそれについて書くようにしていた。地震でいえば、数年前にそうした記事をアップしたこともあった。しかし今回の大震災ではなかなかそうする気になれない。
続きを読む

"the woman" をどう訳すか

シャーロック・ホームズ譚について続ける。ホームズ物語の第1作は、これまでも何回か触れたことがある中編の「緋色の研究」 A Study in Scarlet だが、人気が出たのは、短編を雑誌に連載するようになってからだ。その短編第1作「ボヘミアの醜聞」 A Scandal in Bohemia は、次のような印象的な一文で始まる。 To Sherlock Holmes she is always the woman.
続きを読む

「ワトソンの推理法修業」

このところ続けているシャーロック・ホームズ譚について今回もひとつ。コナン・ドイルが書いたホームズものの原典は "canon" 「正典」と呼ばれることは以前書いたが、前回触れたようなパスティーシュは「外典」 apocrypha とでも呼べるだろうか。 実はドイル本人が、canon に数えられていないホームズ物語の「番外編」を数編書いている。そのひとつ、"How Watson Learned the Trick" は、ごくごく短い作品だが、私のお気に入りだ。
続きを読む

シャーロック・ホームズの「公式続編」小説登場へ

インターネットのサイトをあちこち見ていたら、偶然、シャーロック・ホームズ譚の「公式続編」がこの秋に出版されると知り、驚いた。「公式」というのは、"the Conan Doyle estate" が絡んでいるからだという。 以下引用した記事のタイトルは Sherlock Holmes returns in official sequel by Anthony Horowitz - Alex Rider author on the case, at request of Conan Doyle estate" というもの。もちろん、official というのは話題性を狙った一種の言葉の綾、額面通り受け取る必要はないだろうが、ホームズ好きにとって目を引くニュースではある。
続きを読む

シルヴァー・ブレーズ(銀星号)の掛け率について(新訳「回想のシャーロック・ホームズ」)

前回に続いて、創元推理文庫から刊行が進んでいる「ホームズ全集」の新訳について書く。第2短編集の「回想のシャーロック・ホームズ」 The Memoirs of Sherlock Holmes の冒頭を飾る Silver Blaze (創元版のタイトルは「<シルヴァー・ブレーズ>号の失踪」)は、この短編集で私が最も気に入っている作品だ。
回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)

回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)

  • 作者: アーサー・コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2010/07/27
  • メディア: 文庫
私は子どもの時に「銀星号事件」とした翻訳で初めて読んだため、いまだにこちらの題に親近感を抱くが、その一方で競争馬の名前としてはやはり音をカタカナで表記した方がふさわしかろうと思う。難しいものである。なお blaze は「炎、閃光」だが、牛などの顔の白い部分もこの単語で表現するらしく、英和辞典には「(牛馬の顔面の)白ぶち、ほし、流星」などと書かれている。 さて、新訳を読んだら、これまで気づかなかった疑問を持ったので、今回はそれについて書いてみたい。
続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。