ホーム   »  -U
Tag | -U

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルタースケルター(helter-skelter) 「でたらめな」「あたふたして」

前回の topsy-turvy と同じような意味を持つので連想したのが helter-skelter だ。いま「ヘルタースケルター」といえば、沢尻エリカの映画あるいは原作のマンガのことだろうが、私にとってはビートルズの曲のひとつで、それをきっかけに覚えた言葉だ。

続きを読む
スポンサーサイト

「食べ放題」 all-you-can-eat

通信料金の「定額制」「従量制」の英語について前回書いたが、さらにネットを眺めていたら、「定額制」を all-you-can-eat data offering と表現している記事があった。

all-you-can-eat は「食べ放題」という意味。前回出てきた unlimited と同様、使い放題というわけである。

なお、all-you-can-drink なら「飲み放題」になる。

続きを読む

「定額制」「従量制」

少し前のパソコン雑誌を読み返していたら、アメリカでは通信の使い放題が崩壊して定額制から従量制の課金に移行する動きが出ているという記事が目にとまった。

この「定額制」や「従量制」課金は、英語で何といえばいいのだろうか。気になったので電子辞書を開いてみた。

続きを読む

unequivocal

unequivocal は前回の equivocal の反対語だが、辞書の用例を見ると、「こんな風に使われるのか」と感心するとともに、英語の難しさを痛感する。

続きを読む

「巻を措く能わず」 (unputdownable, page-turner)

秋を迎え、本を読むにうってつけの季節になった。大学生の頃、ペーパーバックを読んでいて、途中で止めるのが惜しいと初めて感じた時はうれしかった。「巻を措く能わず」 というやつで、日本語を読む感覚にほんの少しだが近づけたように思った。

この言葉、「巻を置く」とする人もいるようで、それはそれで実感がこもっているが、それはともかく、まさに「巻を置くこと能わざる」となっている単語が unputdownable だ。

続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。