ホーム   »  -T
Tag | -T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書に載っていない three-dollar word という表現

前回、もっとも長い単語 floccinaucinihilipilification を紹介した際の引用文に eight-dollar word という言葉があった。どの辞書を見ても載っていないが、どういう意味だろうか。

続きを読む

「定額制」「従量制」

少し前のパソコン雑誌を読み返していたら、アメリカでは通信の使い放題が崩壊して定額制から従量制の課金に移行する動きが出ているという記事が目にとまった。

この「定額制」や「従量制」課金は、英語で何といえばいいのだろうか。気になったので電子辞書を開いてみた。

続きを読む

tank 「失敗する」

今回も、俗語として覚えた単語を雑誌の記事で見かけた例をひとつ。tank は「タンク」「戦車」といった名詞のほか、自動詞として「失敗する」という意味もある。

続きを読む

have balls、have a ball

俗語は改まった場では避けるべきものと考えていたが、そんな表現が使われているのを「タイム」誌の記事で見た。自分の理解が間違っているのか、時とともにスピーチレベルも変化するのか、いずれにせよ、「いまの英語」に触れることの大切さを感じた。

その記事とは、前回書いた Person of the Year の "The Protester "である。TIME の公式サイトでも読める。
続きを読む

tergiversate (Word of the Year 2011)

年末年始には、いくつかの団体が Word of the Year を選んで発表する。そのひとつ Dictionary.com は、今回 tergiversate という見慣れない単語を選んだ。

続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。