ホーム   »  -N
Tag | -N

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“occupy” - 2011年の Word of the Year

American Dialect Society は、ウォール街から始まった世界的な抗議運動にからんで、occupy を「2011年の言葉」に選んだ。

毎年、いくつかの団体が Word of the Year を発表していることを先日取り上げたが、年初めの「アメリカ英語学会」の選定は、その「真打ち」というべきものだ。

続きを読む
スポンサーサイト

ラテン語由来の単語をいくつか

前回取り上げた deus ex machina という単語はラテン語に由来するが、こうした言葉は他にもいろいろある。etc. (et cetera), ad lib (ad libitum), ad hoc, a.m. (ante meridiem), p.m. (post meridiem), A.D. (anno Domini, B.C.は英語で before Christ) などは、日本語としてもおなじみだろう。

さらに学習が進むと目につくようになる単語としては、次のようなものがあげられるだろうか。

続きを読む

「ノーモア・ヒロシマ」は No more Hiroshima. ではない

ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ」を、そのまま "No more Hiroshima." とするのは適切ではない。これだと、広島という都市はもうなくていい、広島の話はもうたくさんだ、というような意味になってしまうはずで、はなはだまずいことになる。

続きを読む

ブッシュ大統領の nuclear の発音をめぐって

日本時間のきょう未明にかけて、訪米中の小泉総理大臣がブッシュ大統領と会談した。その後に行われた記者会見の映像が、スクリプトとともに、さっそくホワイトハウスの公式サイトにアップされていた。

最初の方で、ブッシュ大統領がいきなり、

It was not always a given that the United States and America would have a close relationship.

とやっていたのには、「おいおい Japan だろうが」と笑えたが、まあそれはともかく、相変わらず大統領は nuclear を正しく発音していないようだった。

ブッシュ大統領の nuclear の発音の誤りは前からよく指摘されていて、本人も間違った発音であることをとうに自覚しているはずだ。

続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。