ホーム   »  マスメディア
Tag | マスメディア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あきらめる」と accept

安倍総理の昭恵夫人が「文藝春秋」に寄せた手記をBBCのサイトが取り上げている。元の文章にはいろいろな内容が書かれていたが、BBCの記事は、日本の少子化問題とからめて、夫妻に子供がいないことに焦点を当てている。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/6044608.stm

続きを読む
スポンサーサイト

tin ear, "Stuff happens."

Economist20060513.jpg

あくまで個人的な見方だが、The Economist 誌の記事は一般に TIME 誌に比べて短いものの、内容はより締まっていると感じることがある。興味があったり、自分が少し知っていたりする分野で比べると、TIME の記事は時に bloated (水増し)と思える時があるほか、良くも悪くもアメリカの視点を感じさせるのに対し、 The Economist はもう少し引いたところに目を置いているといえばいいだろうか。もちろん、ケースバイケースだが。

表紙も、人気下降中のブッシュ大統領とブレア首相のうつむく姿に "Axis of feeble" と書いた The Economist の最近の号は笑えた。もちろん有名になったブッシュの言葉 "axis of evil" のもじりである。

続きを読む

「グッドナイト&グッドラック」 サウンドトラック

「グッドナイト&グッドラック」オリジナル・サウンドトラック「グッドナイト&グッドラック」オリジナル・サウンドトラック
(2006/04/19)
サントラ、ダイアン・リーヴス 他

商品詳細を見る


映画を観ている最中はいいと思ったBGMも、後日それだけで聞くと味気なく感じられることがある。映画は、作品を全体として受け止め、体験するものなのだろう。

そんなわけで、ミュージカルを別にすれば、サントラ盤にはあまり興味が湧かないが、 ダイアン・リーヴスという大物が、映画 Good Night, and Good Luck のために新録音したアルバムを出し、グラミー賞まで取ってしまったと聞き、CDを買ってみた。

続きを読む
プロフィール

tempus fugit

Author:tempus fugit
●こちらの更新は停止しました。http://eigo-kobako.blog.so-net.ne.jp/ で続行しています●
-----------------------
「光陰矢の如し」を意味するラテン語由来の言葉が tempus fugit です。
学習・趣味・仕事で英語に触れていつの間にか三十数年。英検1級とTOEIC900点超を取得した今も上級者への道は遠いですが、これまで出会った印象深い単語や表現について書いていきます。

カテゴリ
さくいん代わりのタグ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ページナビ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。